読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録 blog

Docker/Machine Learning/Go

Haskellで参考にしたもの

haskell

Web Framework

Scotty / Spock

Rubyで言う所のSinatraのような軽量フレームワークhaskell版。ScottyよりSpockの方が、waiに準拠している上に機能も充実していて良いらしい。

Spockの紹介記事は以下。

qiita.com

ScottyをHerokuで動かしてみたサンプルアプリは

github.com

Yesod

Yesodのすごいところは、shakespeareのおかげでビューにまで型付きの制約があるところで、このおかげでリンク切れとか起きないらしい。(もしリンクが切れるようなことがあれば、それはコンパイルが通らない。)

またketerと言うデプロイマネージャーは、ローカルでコンパイルして、実行に必要なファイルをすべてまとめてサーバーにscpし、ダウンタイム0でデプロイしてくれるようにできるらしい。とても便利。

公式のScreecastsには、わずか40分程度!で簡単なブログを組み立てる動画が見られる。

HTMLエスケープやXSSを防ぐ機構についてはライブラリが面倒を見てくれるため、我々はそういったことに気をつかうことなく安心してWebアプリを書くことができる。

www.yesodweb.com

Other

Web/Comparison of Happstack, Snap and Yesod - HaskellWiki

テンプレートエンジンについては記事を書きました。

sharply.hatenablog.com

DB操作をする

YesodのDatabase.Persistentが、sqlite, mongoDB, postgresSQLなどのDBとのアダプターとなって、マイグレーションを自動でやってくれるとか便利。

www.yesodweb.com

qiita.com

rf0444.hatenablog.jp

http://blog.fujimuradaisuke.com/post/26887032662/haskell-de-json-web-api
blog.fujimuradaisuke.com

Libraries

d.hatena.ne.jp

http://haskell-distributed.github.io/

実際にこれを使って分散処理を書くのがやりやすいかというと、やはりもう少しダイナミックに型を扱える言語の方が書きやすいのかもしれない。

チュートリアル

1. Getting Started

  • IntervalMap

区間を保持する構造のhaskellにおける実装。

github.com

Haskell IntervalMap

  • Aeson

Template Haskellを用いて、dataの定義からderiveJSONするのがスマートそうな気がします。

qiita.com

Data.AesonでJSONを扱う | saito's memo

文字列型

bicycle1885.hatenablog.com

qiita.com

Blaze.ByteString.Builder

Other

例えばm [a] => [m a]にする関数が何かを知りたいと思った時、Hoogle で検索するのが便利そうです。初心者なのでコンパイルが通らない時に型の帳尻合わせをしたくなるので、そういった時に重宝しました。

Hoogle

github.com